スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクターで「かしましコミュニケーション」をやってみた



今回はしばらく積みげーと化していたAXLさんの「かしましコミュニケーション」を我家のホームシアターを用いてプレイしてみました。
相変わらず、エロゲPCゲームはスクリーンに映すとキャラクターの輪郭にギザギザが見えるなど不都合な点が多いです。
それでも、スクリーンに映すのが男のロマンだと思い初回プレイのみはスクリーンでプレイしてます。

とりあえず1時間ほどプレイしてみた感想なのですが・・・・・・
正直まだ面白さが伝わってきません。
なんか日常のイベントがどれも中途半端で終わってしまって、シナリオが進んでいくので置いてきぼり感があります。
過去作の話がたまに出てきてAXLユーザーとしては楽しめるんですが・・・・・
主人公の名前が「丈太郎」なのは某ジャンプ作品を思い出し軽くツボってしまった

まあ、はじめたばかりでは感想も何もないので今後の展開に期待してかしましを再開することにします。


スポンサーサイト

プロジェクターで「かしましコミュニケーション」をやってみたい・・・・・

アマゾンからAXLさんの新作「かしましコミュニケーション」が届きました。
アマゾンは以前、プロジェクターを注文した際に発送予定日を過ぎても送られてこなかったこともあり、
(発送予定日が未定になり、結局キャンセルしました)
自分の中での評価がガタ落ちだったので発売日に届いたのは若干の評価アップです。

このメーカーさんの作品はシナリオとコメディの割合がちょうどよく多くの人に楽しめるものが多いです。
今からプレイするのが楽しみ・・・・
恒例の青山ゆかりさんも出演しているので最高のツンデレに期待しています。

かしまし


さて、このブログの趣旨?でもある通り「かしましコミュニケーション」をスクリーンを映すことが重要なんですが・・・・
三月より帰省することもあり、やる時間が取れないので積みゲーになります。


ちなみにまさむね独自の考えでは「積みゲー」とはゲームは手元にあるものの(売るなんて言語道断!!)
インストールはしておらず、パッケージ、特典等は未開封新品状態であることを指すものだと考えています。
そして無駄に部屋の容積を圧迫する・・・・・
そんな感じで待ち焦がれつついつか来る日を楽しみに待つのが積みゲーの醍醐味じゃないでしょうか?
積みゲーは決して邪魔なものではなく、そこにあることに意味があるマスコット的?存在なんです。





プロジェクターで「花と乙女に祝福を」をやってみた

今日はまさむね邸に眠る積みゲーの一つ「花と乙女に祝福を」をインストールしてプレイしてみた。
このゲーム、当時声優さんが豪華で絵も好みだったので購入。
しかし、スケジュールの都合で結局やらずじまいでした。
現在は大学も春休みなので思い切ってインストールしてみます。
今回の画像も携帯で撮ったので画質悪いです。


ちなみに、まさむね邸にはコレの他にあと、3本のエロゲPCゲームが眠ってます。
自分は積みゲーが3本以上ないと情緒不安定になるので月2~本くらい買ってます。
今月はプロジェクター買ったので1本だけです(泣)

花と乙女に
元の画面が4:3なのでスクリーンいっぱいに映らず、プロジェクターの操作でワイド画面に切り替えてみます。
単純に画面を引き延ばすだけなので絵のバランスが崩れますがなかなか便利な機能です。

花と乙女に祝福を

何気に「超昂閃忍ハルカ」のキャストとかぶってますが・・・・
察してください。
あの三人の声優さんが好きなんです。
風音様ーー!!

上の画像から分かるとおり、文字は読みやすいです。
しかし、ウチはマウスが有線のためスクリーンの視聴位置からではマウスが届かない。
そこでUSBハブを用いてマウスのコードを延長しました。
うん、・・・・・・すごく間抜けな光景です

当然、画面はとても大きく迫力?は十分。
いや、十分過ぎるので恐怖すら覚えます。
キャラが自分よりデカイ・・・・・
もともとPCゲームはフルHDの画質ではないので拡大されると画像の粗さが目立ちますね。
見るに堪えないレベルではないが積極的に見ようとは思わない感じです。
多人数で鑑賞?するという不気味なシュチュエーションを想定しない限りプロジェクターを使う利点はまったくありません

結論
PCゲームはPCでやりましょう

まあ、それでも自分はやります
男のロマンですし・・・・

プロジェクターで「超昂閃忍ハルカ 弐 龍の者」を鑑賞してみた

アマゾンから「超昂閃忍ハルカ 弐 龍の者」のDVDが届いたのでさっそくホームシアターの大画面で鑑賞してみました。
ちなみに今日はちゃんとスクリーンに映しました。
我ながらわざわざこんなものにホームシアターを使うなんて馬鹿だな思います。
それでも止められないのがまさむねなのです。


haruka1

届いてから気づいたのですが実はこの作品、DVDの他にBDもあるらしくそっちで買えばよかったと後悔しています。
値段的にも0.1ユキチくらいしか違わないので次からは気をつけます。

haruka2


メニュー画面が4:3のアスペクト比だったので正直焦りましたが本編は16:9で一安心。
気にしてきた画質にも問題はなかったです。
ただしシーンの都合上、白っぽいシーンがあり色の区別がつきにくい個所も見受けられました。
多分、個人差で許容できるくらいの微妙さですが、
プロジェクター(VPL-HW15)の色設定をいじった方が良いかな?とは思いました。
テレビとかでも色の濃さとか明るさを変えると驚くくらい見やすくなる感じですね。



haruka3


さすがにこの作品のシーンをまともにを上げてしまうとやばいので自粛しておきますね。
この作品は個人的に好きなメーカーで崇拝している声優さんも出ているのでお気に入りの作品の一つです。
やっぱり、風音様は良いですね。

今回、この作品を鑑賞した時間帯は夜(深夜)なので内容が内容だけに音量には注意しました。
AVアンプに「ナイトモード」があるにしても普通のアパートの一室なので用心してヘッドホンを使用。
実は資金不足でまだヘッドホンは2chなのでどうしても迫力が・・・・・・
音漏れしない限界まで音量をあげてできるだけ迫力を追求しました。
バーチャル7.1ch対応のコードレスヘッドホンの購入が急務だと実感する今日この頃です。



最後に盛大なネタばれを一つ・・・・・・
ネタばれが嫌いな人は早くページを閉じてください
ではいきますよ・・・・・・・・








触手はありません
茸群道人仕事しろ!!
プロフィール

まさむね

Author:まさむね
どこにでもいる暇な大学生。
憧れのホームシアターを導入し、アホなことに使用してます。
最近は「暇な」大学生ではなくなってきている様子

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。