スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクターの選び方2

前回、大幅に脱線してしまったような気がするので今回は脱線しないように・・・・頑張ります

まず、ビデオプロジェクターですが安いものは十万以下の入門機種から高いものは数百万を超える超高額機種も存在します。
その中から自分にあったものを選ぶ・・・・大変です。
財布のユキチが惜しく手ごろな価格なものを選ぶにしても入門者ではプロジェクターの相場と性能の釣り合いがよくわかりません。
その末にたどり着く超有名サイト「価格com」
各商品の評価、レビューが見ることができ購入の参考になります。
登録されている販売店ごとに価格が分かるので購入する店を決めるのにも役立ちます。
しかし、価格comで掲載された価格を実際の値段・・・・と考えられる方も多いです。
よく家電量販店で価格comで掲載された価格みせて店員に「これより安くならないの?」
と聞いて「できない」と答えると「お前じゃ話にならない、上司を呼べ」と言われますがあのサイトに載ってる価格が安すぎるだけで普通は家電量販店であの価格で販売するのはまず不可能です。

体験談としては、
私の持ってる「VPL-HW15」は購入当時、某家電量販での価格が価格comに掲載されている最安値に比べ6万ほど高かった経験があります。
そんなに違うの?と思われる方もいるかと思われますがコストを極力押さえ込んだ店と人件費がかさむ家電量販店では仕方ないところがあります。
「なら、価格comの安い店で買うよ」となるわけですがちょっと待ってください。
購入後のこと考えてますか?
もし買った商品が故障したら?もらった領収書をなくしてしまった。保証書に購入店舗で書いてもらう欄があるんだけど何も書いてない。
それらの対処方法が分からないと結構困ります。中には購入店舗でないと解決できないこともあるので店との連携は必須です。
まあ、当然良識ある店ならその店のHP、規約の項目で説明してくれてます。
だが・・・・・・長すぎてこんなの読めるか!!
って感じでそのとき必要なこと、必要じゃないことがダラ~っと書かれてます。
それを解読するより単純に購入した店に製品を持ち込んで「壊れたから修理して」といった方がはるかに楽です。
ネット通販で購入する場合、店の所在地が遠く離れた県外なんてこともよくありますからね。
重要なのは使用後に発生する故障にその店がどれほど親切に対応してくれるかor持ち込み修理が楽かと言った点です。
つまり、安い店と高い店でそれぞれメリットとデメリットがあるということです。
それらを考慮してその店から購入する際は規約を全部読むなり、販売員に詳しく説明してもらうなりするべきです。
面倒ですが客としての義務だと思ってます。
「購入後の故障は自己責任だ」と考えてる人はどうぞ安い店で買ってください。
ユキチの節約になります。


さきほどの体験談の後日談ですが某通販サイトを利用して「VPL-HW15」を注文したところ発送予定日の前日に突如、配送日が未定と連絡をいただきました。規約を読み直すと注文確定後に配送日の変更や商品自体のキャンセルがありえると書いてありました。





・・・・・すでに脱線してますね、はい。
どうしてこうなんだろ。プロジェクターという単語も最初の方しかないという罠。
次こそ、次こそはビデオ(ホーム)プロジェクターについて書きます。
「プロジェクターの選び方3」に続きます

スポンサーサイト
プロフィール

まさむね

Author:まさむね
どこにでもいる暇な大学生。
憧れのホームシアターを導入し、アホなことに使用してます。
最近は「暇な」大学生ではなくなってきている様子

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。