スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7.1ch導入!!

この度、懸念事項だったAVアンプとウーハーを購入しました。
今回購入したのは

DENON製AVアンプ
AVC-3310
DSCN0723_convert_20110302013709.jpg
家電量販店に赴き展示品(これまで未通電)を56800円で購入。
価格.comの値段と比較しましたが、最安値とさほど変わらないし3年保障等もしっかりつけてくれたので即決。
なにより展示品なのに通電していないところがすばらしい。
スピーカーは楽器に近いのである程度のエイジングは必須だが
現在のAVアンプは精密機器よりなので通電してるだけで劣化する(音がぼやける)。
とメーカーさんが言ってました。

気づいた方も多いと思いますがAVC-3310は結構前の型番です。
予算的にも予算的にも予算的にも4000番台や、AVC-3311には手が届かなく
性能、価格、最新機種との違いを考慮してAVC-3310を購入するに至りました。
で、置いたらこんな感じになりました↓
DSCN0725_convert_20110302014719.jpg
ケーブル類がやばい・・・・・
スピーカーケーブルだけで17m


OMKYO製サブウーハー
SL-A250
DSCN0715_convert_20110302013943.jpg
本来なら購入予定ではなかったが今まで使っていたサブウーハーがアンプが非内臓型だったため
上記のAVC-3310に旧サブウーハーが使えないことが判明し、急遽購入。
特にこれ!!と決めて購入したわけではありませんが2~3万円台で手ごろだったので・・・
以前使っていたサブウーハーと比べサブウーハーから出力される音域や音量を独自に選択、調節できるので便利になりました。
あと、センタースピーカーは以前購入時にもらった台座に乗せて視聴位置に向くように角度を調節しました。
PSMove用のカメラはセンタースピーカーの下に設置。


このAVC-3310は7.1ch対応ということで・・・・・
早速、余ってたスピーカーを使って部屋を7.1ch化。
7.1chはフロントハイかサラウンドバックの二つから選べるがまさむねはフロントハイを選択。

理由としては
・サラウンドバックだと部屋の広さ的に設置場所に困る
・フロントハイの方が立体的な音を楽しめる
・フロントハイの方がカッコイイ!!
・なのはさんのスターライトブレイカーの恐怖迫力をフェイト視点で味わいたい

フロントハイ用のスピーカーを設置するのに少々手間取りましたが無事に取り付け終了。
DSCN0717_convert_20110302014509.jpg

ホームセンターから適当に金具と針金を購入し無理やり固定しました。
より立体感を出すためにスピーカーをもう少し上に付けたかったのですがポールの都合上これが限界でした。
時間があればまた取り付け直したいです。
その際にはもうちょっとスピーカーとスクリーンを新調したい・・・・またユキチが旅立ってゆく


実際のところ、現状7.1chは対応してる映画、ゲームがほとんどないので擬似7.1chがほとんどです。
ですが雨が降るシーン、上から何か落ちてくるシーン、スターライトブレイカーなど
アンプが上方向の音場を選択してフロントハイスピーカーから出力してくれます。
なのでそういったシーンでは感覚的に立体的な音が楽しめます。
まあ、ほとんどの場面で上方向の音場が無いためフロントハイスピーカーから音出てませんが・・・・




とりあえず、普通のアパート一室をここまで変貌させましたが
いつ騒音でアパートを追い出されしまうか不安でたまらない
隣の部屋の人、大家さんに苦情とか言ってないよね?
え、ユキチ?
そんなの無いに決まってるでしょ。
プロフィール

まさむね

Author:まさむね
どこにでもいる暇な大学生。
憧れのホームシアターを導入し、アホなことに使用してます。
最近は「暇な」大学生ではなくなってきている様子

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。