スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「COD MW2」をプロジェクターでやってみた

cod1

世界でかなり売れてるらしい「COD MW2」。
ジャンルはFPSで現代的な武器で戦います。

ストーリーモードよりオンラインで世界中の人たちと遊ぶ方が楽しいゲームで廃人育成ゲーの一つ。
午前中にやり始めて気付くと深夜・・・・そんなの日常茶飯事

そんなわけで今回は「COD MW2」をプロジェクターでスクリーンに映してプレイしてみました。


cod2

まず軽くやってみた感想はモニターと違って大きく、迫力があります。
モニターの中と言うよりは自分自身が銃を持って走り回るようなリアルさが印象的です。
視聴位置を工夫すれば人間の視界とほぼ同じくらいの感覚でプレイできます。
イメージとしては対象を目で追わずに首で追う感じ。

つまり、すごく疲れます。
あと、すごく酔うよ♪
いや、でもモニターでは点にしか見えなかった敵の姿がちょっとだけ大きくなったので敵を見落とすことがちょっとだけ少なくなりました。(大事なことなので2回書きました・・・)


気付いたことなんですが、プロジェクターでCODをプレイする場合、フラッシュグレネードは脅威。
視界が突然白くなり、リアルでダメージがあります。

仲間「フラッシュバン、投擲!!」
俺「!?

         爆発

俺「うぎゃ~!!目が、目が~


↑みたいになります。
もしプロジェクターの方を直接見てたら健康に悪い感じの眩しさです。
皆さん、フラッシュグレネードが爆発しそうな時は絶対にプロジェクターを見ないでください。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさむね

Author:まさむね
どこにでもいる暇な大学生。
憧れのホームシアターを導入し、アホなことに使用してます。
最近は「暇な」大学生ではなくなってきている様子

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。