スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームシアターの作り方1

今日はブログの題名にもありますが「ホームシアターとは何か?」について説明したいと思います。
まあ、自分もそれほど深くは語れないので簡単なところから話したいと思います。

とりあえず、ホームシアターを一言で表すなら
家に居ながら映画館のような迫力を体感できる
・・・・・名前の通りです(笑)


それでは「映画館の迫力」とは何でしょうか?
自分なりに下記の3点にまとめてみました

・巨大な画面
・体が震えるような音
・周囲が暗いからこそ表現できる映像の黒の深み

一般家庭にあるようなテレビでは絶対的に画面が小さいですし
テレビ付属のスピーカーでは後ろからの音は表現できません。
映画を見るにしてもわざわざ部屋を暗くして見る必要はありません。
そういった点から考えると「映画館の迫力」を自宅で表現するには以下のものが必要になります

・プロジェクター/大画面のテレビ(60型以上推奨)
・スクリーン
・AVアンプ
・スピーカー(5.1ch以上推奨)
・DVDあるいはBDの再生機器(PS3がオススメ)
・ユキチ


「プロジェクター/大画面のテレビ」
ホームシアターの中枢を成す機器です。これが無いと始りません。
大画面もそうですが画質も重要です。
今ならフルHDは当然として3Dも考慮しても良いかもしれません


「スクリーン」
映像機器がプロジェクターの場合必要になります。
スクリーンの大きさと部屋の広さで映せる大きさが変わってきます
フルHDの映像を映すならモアレ(虹色の縞模様)に気をつけましょう


「AVアンプ」
音声を入力してスピーカーに出力する機器。
プロジェクター単体では音が出ないのでプロジェクターの場合必要です
ちなみに一部のプロジェクターにはスピーカーが内蔵されていますがぶっちゃけオマケ機能なので別個スピーカーに出力することをお勧めします。


「スピーカー」
音を出す機器です。
巷でよく聞く5.1chとはセンター×1、フロント×2、サラウンド×2の5つで5chとサブウーファー×1の0.1chから構成されています。


「DVDあるいはBDの再生機器」
いわゆるプレイヤーです。高性能なものほど綺麗な画質になります。
自分としてはDVD、BD、ゲームのできるPS3をオススメします


「ユキチ」
日本銀行が発行している例のアレ。



ユキチは最低10ユキチは必要になると思います。
世の中の多くのことに当てはまると思いますがこういったものはお金を掛けるほど良い物が手に入ります。
最低で10ユキチと書きましたが実際10ユキチ程でホームシアターを構築しても人によっては満足できないかもしれません。
しかし、仮に100ユキチのホームシアターだとしても自分を含め一般人にはより安い物に比べて違いが分からないこともあり得ます。

例として自分はテレビの液晶の2倍速と4倍速の違いが分かりませんでした。
ある程度高性能の機種になればより高性能の機種と並べて見ない限り気がつかない程度の違いだと思ってください。


そんな感じでホームシアターの構築には何かとお金が重要になってきます。
自分は30ユキチちょっとでホームシアターを構築しましたが半年分のバイト代が消えました(泣)
自分が満足する買い物をするためにも多くの情報を集めて損を被らないように気をつけましょう




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まさむね

Author:まさむね
どこにでもいる暇な大学生。
憧れのホームシアターを導入し、アホなことに使用してます。
最近は「暇な」大学生ではなくなってきている様子

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。